落とす| 会う時の服装| |ドレス |付き合う付き合う2| 風俗嬢付き合う方法|

キャバクラの相場:いくらなら安い/高い:キャバ嬢落とし方と口説く方法

キャバ嬢を落とす方法教えます

キャバ嬢を口説く、その落とし方や女性を落とす方法が 知りたい方を応援します。キャバクラでも暗黙のルール、キャバ嬢とのアフターの本音、 ブログから分かる"ある法則"等を掲載

メニュー

 

>>【最新版】90日間、何度でも相談できます。

キャバクラの相場:いくらなら安い/高い

こんばんは、みやびです。

■いくらぐらい持って行けばいい?
結論から言うと、15000円から2万円みておけば良いと思います。
金欠の際は潔く、行かないようにしましょう。

羽振りのいいときか、何かの節目に行くと楽しいですよ。
会社である一定の小さな目標を達成した記念に…なんてのも、
味わい深いかもしれません。

キャバクラは、「1セット」という呼び方でお金を払うようになっています。
1セットというのは「1時間」です。
飲み放題かそうではないかは、店のホームページを見て調べておくと良いです。
*店のホームページの調べ方は、検索の空白に「地名 店名」と入れると、調べることが出来ます。

これらに加えて、キャバ嬢のドリンク代と一人で行った場合のボトルチャージ別料金、指名料がかかります。

■ボトルチャージの金額
僕が行きつけの堂島にある「ホワイトカフェ」では、
4000円程度。

■指名料(場内指名)の金額
3500円程度。店によって違いますが500円から1000円は動くと思っていて下さい。

■キャバ嬢が飲むドリンクは…
無いお金を無理して出してまで飲ませる必要はありませんが、
いきなり断ったり、出し渋ったりするのはマナー違反です。
*ホステスの態度がそれとなく変わりますし、その席の雰囲気は悪くなります。ボーイの態度も変わります。

■店を調べるに最適なサイト
「ポケパラ」が見易く、お勧め。
クーポン券を出している店もありますので、初めての場合は遠慮なく活用しましょう。
また、ポケパラで住所の近い店を調べておき、あえて…
店に入る前にウロウロすると面白いですよ。

キャッチに会うのを待つことも、ひとつの勉強の手段です。
キャッチのお兄さんは一人でも多く店にいれることが仕事ですので、
関心があるそぶりをすると、喜んで色々と頑張ってくれることもあります。

反応が悪ければ、夜の街を楽しみながら、ぶーらぶらするのも、夜の嗜み…
というほど格好のよいものではありませんが、
何をしたっていいんです、あせらず、堂々として闊歩してみましょう。

ちなみに、もしあなたが、営業をしている人なら、
キャッチのお兄さんのトークから光るものを盗めるかも知れません。
大方チャラチャラしているイメージがありますが、
「笑ってないキャッチ」をしてくる人は面白い人が多いです。

1分程度、キャッチの人と遊んでみましょう。
行こうとは思ってるけど、3つ店を迷っていて…と行くことが決まっている素振りをすると、
それが例えうそでも、思わぬことが起こるかもしれません。

どうせ、接客のプロであるキャバ嬢と話をしてなんぼの場所へ行くのですから、
その環境にいる人とストレッチしておくと、緊張もほぐれますよ。

ただし、余りにも安すぎるんじゃないか?と思ったら、
ハッキリ断って立ち去りましょう。

電話がかかってきた振りをして立ち去るか、
適当なこといってかわせばOK。

「あ〜ごめんごめん、ほかにするわ」

などの言葉で十分です。

そういえば、セット料金が3000円きる位でいいですよ、
と行ってくる店にはご注意を。
そういう時は、質問しましょう。

「自分とこの店は、女の子何人くらいいるとこなの?」

と。

この回答で人数が20以下なら即、その店は行かないようにしましょう。
*うちの上司は30前後いない場所には行かない、なんて決め込んでいます。

僕の経験上、規模が小さくて安い店で、可愛い女の子が割り当てられたことがないからです。
ある程度妥協できるなら、この方法でなんとかなりますが…
どうするかはお任せ、というしかないですね。

それでは、肩の力を抜いて、楽しんできてください。

>> 嬢に最適なプレゼント

>> 凍りつく質問

>> カモが状況を変える方法

〔次の記事〕>>キャバクラ店内での振る舞い/どうすればいいか

リンクフリーです。無断で貼ってOK
当サイトの文章は引用、部分的な転載が可能です。
お役に立てましたら、ブログにリンクを貼ってくださると嬉しいです。
よろしければ以下のタグをご使用下さい。
*ブラウザの種類によってはコピーボタンが機能しませんので、お手数ですがマウスを動かしてコピーしてください*
>>好みの嬢を狙い落とすには

*メニュー

キャバ嬢の落とす応援サイト更新情報

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。